3.9

あのブランド牛肉がラーメンに!?
『前沢牛らーめん』でゼイタク気分

執筆者:かわぐち

最近、“ご当地インスタントラーメン”って増えてきましたよね。しかも普通のインスタントラーメンとは一味違う、ちょっと高級ぽいものも。今回、『岩手県前沢牛入り濃厚醤油スープ 前沢牛らーめん 1人前』を頂いたので、さっそく作ってみることにしました!

高級感あふれるパッケージに期待大!

前沢牛とは、岩手県奥州市、前沢で肥育されたブランド牛。そんなブランド牛を使ったラーメンらしく、黒字に金のパッケージがなんだか高級感たっぷり。裏面によると、スープは「岩手県前沢牛を使った濃厚な味わいのオリジナル醤油スープ」、麺は「2日かけてじっくりと作り上げたコシが自慢の中華めん」とのことです。

作り方は、麺を茹でてスープを用意するだけ!

通常のインスタントラーメンだと、麺とスープを一緒に茹でるタイプが多いのですが、こちらは麺を別茹でするタイプです。茹でる時間は5分、その間に液体スープを約300ccの熱湯で溶いておきます。

ちなみに麺は「沸騰したお湯で3分たったら軽くほぐし、更に中火で2分」という説明が。こだわりの茹で方、期待が高まります。

袋麺らしからぬ味わい&具材を足せば満足感もアップ!

あっという間に完成しました。せっかくなので、市販のチャーシューとネギをトッピングしてみたら、まるでお店のラーメンのよう! 

さっそく一口食べてみると……あれ、これ本当に袋麺だっけ!? というような味わい。あっさり系なのですがコクがしっかりあり、牛系のラーメンにありがちな臭みもなく、本当に奥深いスープです。麺も、しっかりとコシがあり、食べごたえバッチリです。あっという間に完食! スープもついつい飲み干してしまいました。

おいしいものは食べたいけど、外に出るのは面倒くさい……そんなときに、こういうインスタント麺が自宅にあると心強いですよね。乾麺だから賞味期限も長いし(目安は180日)、これは常備しておくと日常の幸せ度が上がりそう。ブランド牛の味わい、ぜひお試しあれ。


※メーカーの都合等により、商品のパッケージや内容等が予告なく変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品のラベルや注意書きをご確認ください。

※申込受付期間中に、一部アイテムの内容や数量等が変更になる場合がございます。

岩手県前沢牛入り濃厚醤油スープ 前沢牛らーめん 1人前

メーカー/店舗
株式会社小山製麺
お届け個数
1個[120g(めん80g、スープ40g)
原材料/成分
めん:小麦粉(国内製造)、卵白粉末、食塩、小麦たん白/かんすい、クチナシ色素、(一部に小麦・卵を含む)
スープ:しょうゆ、ビーフオイル、ビーフエキス、食塩、砂糖、大豆蛋白加水分解物、牛肉(前沢牛)、玉葱、豚脂、
にんにく、カツオエキス、植物油脂、りんご酢、香辛料、調味料(アミノ酸等)、
増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、カラメル色素、アルコール、(原材料の一部に小麦、牛肉、大豆、豚肉、りんごを含む)
Search