4

美味しいのに低カロリーでヘルシー!
理想のおせんべいと出会えました。

執筆者:まとば

万年なんちゃってダイエッターの私。ですが、お菓子だけはやめられないので、一応カロリー計算だけはしています。食べごたえがあって、少しの量でも満足できるおやつってないかなぁと探していたところ、『タニタ食堂®監修のおせんべい』をお試しできることに! タニタといえば、ダイエットレシピ本でも知られているから、だんぜん期待度が高まります。

今回は、「アーモンド」と「十六穀」の2つの味をレビューします!

十六穀のつぶつぶ感がクセになる!

「十六穀」味とは、十六穀を使用した醤油味のおせんべい。大豆、大麦、キヌアなどの穀物に、乾燥おからも入って、食物繊維や鉄分を一緒に摂れるみたい!

1袋に個包装6つが入っていて、カロリーは1個包装(16g)あたり63.4kcal。1袋にたくさん入っていると、一度開けたらつい食べ進めてしまうので、お菓子好きダイエッターには小分けタイプが非常に助かります…。

堅めでしっかり噛みごたえがあるので、私は1袋でもじゅうぶん満腹感が得られました。十六穀のプチプチとした歯ざわりもクセになる!お醤油のやさしい味わいで、日本茶と相性抜群です。

クラッシュアーモンドが絶妙なアクセントに。

「アーモンド」味は、ほんのり甘めの塩味に、クラッシュアーモンドがアクセントに入っています。こちらも1袋に個包装が6つ、カロリーは1個包装(16g)あたり66.9kcal。乾燥おから入りで、食物繊維とビタミンEも摂れるみたい!

おせんべいの甘じょっぱさ、そこにクラッシュアーモンドの香ばしさがマッチして、噛めば噛むほどおいしい! ビールにも合いそうです。

1袋でもしっかり食べごたえあり!

個包装の食べきりサイズで、小腹が空いた時や、口が寂しい時にちょこっと食べられるのが便利。自分でカロリー計算しながら食べられるので、食べ過ぎを防げるのも助かります。どちらも歯ごたえがいいので、少しの量でも満足感があるし、1日1袋って決めておやつをセーブできそう! もちろん、ご褒美として1日2袋の日をつくるのもあり!

タニタ食堂の「おやつを上手に食べるコツ」として、食べる時間は、エネルギーを消費しやすい午後3時が◎、摂取量は1日の適正カロリーの10%程度を目安に、よく噛み、温かい日本茶などと合わせて代謝を高めることがおすすめなんだそう。こうやって食べ方を上手に工夫すれば、毎日のおやつも楽しめそうですね!

このおせんべいは、食べ過ぎが気になる方も、おせんべい党の方も満足できる味と食べごたえだと思うので、小腹が空いたらぜひ一度食べてみてください。


※メーカーの都合等により、商品のパッケージや内容等が予告なく変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品のラベルや注意書きをご確認ください。

※申込受付期間中に、一部アイテムの内容や数量等が変更になる場合がございます。

タニタ食堂®監修のおせんべい

メーカー/店舗
株式会社栗山米菓
お届け個数
下記のうち、どちらか1個[96g(16g×6袋)] ※味はお選びいただけません。
アーモンド/十六穀
▼原材料/成分等は、公式サイトにてご確認ください。
https://www.befco.jp/products/kenbi/tanitaa-monndo%E3%80%80no1.html
https://www.befco.jp/products/kenbi/tanita_16CP.html
Search