2

新感覚!飲むタイプのおにぎりで
いつでも手軽に栄養補給

執筆者:いけだ

ネットで話題になっていて、発売当初からずっと気になっていました、ヨコオデイリーフーズさんの『飲むおにぎり』。今回は、新商品の『減塩 飲むおにぎり 梅こんぶ』をお試しできる機会をいただきました。ありがとうございます! いただく前は、雰囲気的におかゆっぽいのかな? と勝手に想像していましたが、結果は予想外のこともあり、とても楽しく試食させていただきました。

あの「こんにゃくパーク」の会社が作っています

私の勝手な思い込みで、レトルトなどの保存食が得意な食品メーカーさんが作っているのだと思っていましたが、詳しい情報をチェックするためにHPを拝見すると……製造元は老舗こんにゃくメーカー「ヨコオデイリーフーズ」さんでした。中山秀征さんが、こんにゃく大使を務めている会社と言えば、ピンと来る人も多いのではないでしょうか? とても意外ですよね!

原材料は、おにぎりそのものでした!

原材料名を見てみると、うるち米(国産)、昆布(北海道産)、南高梅肉(和歌山県産)など、実際に作るおにぎりと同じです。国産の食材が使われているのもうれしいですよね。さらに、レギュラー商品と比べて塩分が約78%もカットされている「減塩タイプ」なので、1食(130g)あたり食塩相当量は0.51gと、塩分控えめ。

さらに私が注目したのは、主成分である「マルトデキストリン」です。これは、筋トレ大好きな友人が「すぐにエネルギーになる」と言って、意識的に摂取している成分でして。まさかの出会いにびっくりしました。

手軽なだけじゃない、おいしく栄養補給できた!

では早速、実食してみます。

一口目は、ほんのりとした梅の甘味を感じた後に、後追いで昆布の風味が。ジュレ状だから、味が口の中全体にすぐ広がるので、塩分控えめでも十分な満足感を得ることができました。吸い続けると、粒々のうるち米も入ってきて、一気におにぎり感がアップ。私は冷蔵庫で冷やしてから食べたのですが、冷やし雑炊のようにとても口当たりがよく、さらさらと完食してしまいました。食欲がないときや、体調が優れない日は、冷やして食べると、より美味しくいただけると思います。

あっという間に食べ終わりましたが、お米のおかげで、腹持ちもなかなかのもの。とても便利なので、非常食や、食欲のない日のために、家に常備しようと思いました。

『飲むおにぎり』は、ワンハンドで手軽に栄養補給できるので、マラソンやジムのお供にもぴったりですし、持ち運びが便利なので、移動中や海外旅行のお供にも。また、歯が弱くなってきた親世代の主食としても活用できるので、お子様からご年配の方まで楽しめる商品だと思います。ぜひお試しください。


『減塩 飲むおにぎり 梅こんぶ』公式オンラインショップ

https://www.konnyaku-museum-shop.com/SHOP/61011.html


※本体験記事は商品の提供を受けてライターが執筆したものです。

※メーカーの都合等により、商品のパッケージや内容等が予告なく変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品のラベルや注意書きをご確認ください。

※申込受付期間中に、一部アイテムの内容や数量等が変更になる場合がございます。

減塩 飲むおにぎり 梅こんぶ

メーカー/店舗
株式会社ヨコオデイリーフーズ
お届け個数
1個(130g)
▼原材料/成分等は、公式サイトにてご確認ください。
https://www.konnyaku-museum-shop.com/SHOP/61011.html
Search