4

そのままでも、アレンジしてもうまい!
国内水揚げのさば塩糀煮

執筆者:まがみ

スーパーやコンビニでも売り切れていて買えない…なんてこともあるくらい、ここ最近大ブームを起こしているさば缶ですが、私もこのブームによってさば缶に注目し、完全にハマってしまった一人です。料理の材料に使える水煮から、味噌煮や醤油煮まで、ありとあらゆるさば缶を食してきました。今回は、初めてお目にかかります『うまい!さば塩糀煮』がどのような味わいなのかお試ししつつ、アレンジレシピにも挑戦してみます。

シンプルでさっぱりとした味わい

国内水揚げのさばを使用、化学調味料不使用なところもうれしい、骨まで美味しく味わうことができる『うまい!さば塩糀煮』。

シンプルでさっぱりとした味わいの塩糀煮で、水煮に近く、さまざまなアレンジ料理に大活躍。隠し味的な、国産ゆずのほのかな香りもまた食欲をそそります。いざ口にしてみると、ほとんど塩気は感じず、脂がのったさばの旨味が凝縮されています。

おにぎりの具にしてみた

まずは、TVやSNSでも話題になった、さば缶おにぎりを作ってみました。

水気をしっかりと切った『うまい!さば塩糀煮』とマヨネーズ、お好みで少量のめんつゆをプラスするだけ!ごまを混ぜ込んだごはん(我が家は玄米)で、ぎゅっと握れば出来上がり。

ササっと出来て、忙しい朝でも簡単・手軽にさばの栄養が取れるうれしいメニュー。ゆずの香りがほんのりして、あとを引く美味しさですよ。

HPで紹介されている「さばじゃが」に挑戦!

SSKセールスさんのHPを見ると、さばやさんまの缶詰を使った色々なレシピが載っていました。その中で私が一番気になった、“肉じゃが”ならぬ「さばじゃが」を作ってみることに(レシピでは水煮が使われていました)。

用意するものは、『うまい!さば塩糀煮』1缶に、ジャガイモ3個、人参と玉ねぎを1/2個、絹さやを適量、調味料はサラダ油と市販のめんつゆだけ。野菜を写真のようにカットしてすべてを炒め、野菜に火が通ったら、全体的に具が浸るまで水を入れます。ここで『うまい!さば塩糀煮』を缶汁ごと入れ、そこにめんつゆをプラス。さばをほぐしながら野菜が柔らかくなるまで煮込みます。

味付けの微調整をしたら、塩ゆでして水にとり、半分にカットした絹さやを散らして、さっと煮たら完成! 缶汁ごと入れているため、さばの旨味が野菜にも伝わって美味しく仕上がりました。

さばだけをそのまま食べてももちろん美味しいのですが、缶汁にもたっぷりの旨味とさばの栄養が詰まっているので、捨てないで、ぜひアレンジレシピに活かしてくださいね。『うまい!さば塩糀煮』で料理のレパートリーが、ぐんと広がりますよ!


SSKセールス 公式LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40rel4475f


※本体験記事は商品の提供を受けてライターが執筆したものです。

※メーカーの都合等により、商品のパッケージや内容等が予告なく変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品のラベルや注意書きをご確認ください。

※申込受付期間中に、一部アイテムの内容や数量等が変更になる場合がございます。

うまい!さば塩糀煮

メーカー/店舗
SSKセールス株式会社
お届け個数
1個(150g)
▼原材料/成分等は、公式サイトにてご確認ください。
https://www.ssk-ltd.co.jp/products/detail/311183
Search