4.2

大人も子どもも大好きな味!
チーズで仕上げる洋風鍋で団らんごはん♪

執筆者:なかむら

お鍋といえば、冬の定番メニューのひとつ。でも、子どもがいると案外お鍋のレシピが限られてしまうこともあって、最近ちょっとマンネリ気味。今回いただいた『ミツカン 〆まで美味しいチーズで仕上げるミネストローネ鍋スープ ストレート』は、同シリーズから今年新しく発売された味で、仕上げにとろけるチーズをのせていただく新しいタイプの鍋用スープ。

チーズが大好きな我が家は、パッケージを見ただけで「食べたい!」と大興奮。早速、その日の夕食で試してみることに。

旨みと香りが際立つ、濃厚ミネストローネスープ

ほんのりトマトの酸味がきいた濃厚スープが食欲をそそるミネストローネスープは、たくさん作ってもあっという間に完食してしまう、我が家の人気メニューです。そんな野菜の旨みが凝縮したミネストローネスープのお鍋、というだけでも美味しそうなのに、トマトと相性抜群のとろけるチーズをかけて仕上げるなんて、思わずよだれが出そう!

お鍋に注いだスープからは、トマトと香辛料のいい香りが漂います。

具材を切って火にかけるだけで、完成。

今日の具材は、人参、じゃがいも、キャベツ、玉ねぎ、エリンギに、ミニトマトとウインナー。お肉はビタミンBたっぷりの豚バラ肉をチョイス。

鍋に『ミネストローネ鍋スープ』を入れて火にかけ、沸騰したら材料を入れて中火にし、具材に火を通します。ここまでかかった時間はおよそ15分!手間いらずの鍋用スープは、忙しい日の主婦の味方ですよね。

チーズのコクとトマトの爽やかさに、みんなの食欲が爆発

材料に火が通ったところで、とろけるチーズを投入。蓋をして数分煮込み、チーズが溶けたらもう完成です。素材の旨みが溶け込んだミネストローネスープはそのままでも美味しいのですが、とろ〜りチーズが加わると、コクとまろやかさがプラスされて満足度がアップ。お箸が止まらない!あっという間に完食しました。

でも鍋の本当のお楽しみはこれから。シメまで楽しんでこその鍋!ということで、残ったスープにごはんを投入してリゾット風に。またこれが絶品!「〆まで美味しい」の名に違わない、深い味わいです。

とろとろチーズとスープの旨みが具材を美味しくしてくれるから、子どもが苦手な野菜でもパクパク完食。「美味しかったよ〜」の言葉も飛び出し、なんだかほっこり、いい夕食の時間となりました。いつものお鍋に飽き気味のご家庭でも、こんな新感覚の洋風鍋なら、きっと家族に喜んでもらえるはず。

『ミツカン 〆まで美味しいチーズで仕上げるミネストローネ鍋スープ ストレート』で、家族団らんの時間を楽しんでくださいね。


※メーカーの都合等により、商品のパッケージや内容等が予告なく変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品のラベルや注意書きをご確認ください。

※申込受付期間中に、一部アイテムの内容や数量等が変更になる場合がございます。

ミツカン 〆まで美味しいチーズで仕上げるミネストローネ鍋スープ ストレート

メーカー/店舗
株式会社 Mizkan Holdings
お届け個数
1個(750g)
▼原材料等は、公式サイトにてご確認ください。
http://www.mizkan.co.jp/nabe/product/shimemade/minestrone.html
Search